ゴールデン・アイ・ピノ・ノワール・テン・ディグリーズ2013

生まれのブランドで ゴールデン・アイ・ピノ・ノワール・テン・ディグリーズ2013-メンドシーノ


  • 1997年アンダーソン・ヴァレーにおいてダックホーンによるピノ・ノワールを使ったプレミアム商品「ゴールデン・アイ」の製造が始まりました。ここでは5か所のヴィンヤードのブドウをブレンドし、洗練されたエレガントなワイン造りに取り組んでいます。メンドシーノ沿岸独特の海からの影響、立地、土壌を反映させたブドウは気品に溢れ、洗練されたピノ・ノワールを生み出すことで知られています。フレンチオークで16か月熟成(新樽率100%)所有する4つの自社畑は涼しいアンダーソン・ヴァレーの最北(もっとも涼しい!)に位置するナロー・ヴィンヤードと中央部(やや暖かい)にあるコンフルエンス・ヴィンヤードではおよそ気温にして華氏10度の差があることから、テン・ディグリーズとつけられました。寒暖の差が非常にエレガントで濃厚、奥深いワインを造りだします。。

生まれのブランドで ゴールデン・アイ・ピノ・ノワール・テン・ディグリーズ2013-メンドシーノ